キービジュアル画像
ビルドの日々

今日は何の日

こんにちは、営業です。

 

今日は長良川の鵜飼い開きです。

 

 

夕方になると観覧船を次々と漕ぎ出し、太鼓の演奏や花火の打ち上げなどで

 

華やかなムードに包まれるそうです。

 

鵜飼とは鵜匠が鵜をあやつって魚を捕える漁法で、およそ1300年の歴史があります。

 

漆黒の闇の中で赤々と燃える篝火が川面に映り、

 

鵜匠と鵜が一体となって繰り広げられる古典漁法の「鵜飼」は、

 

現在を忘れさせてくれて千古の昔にタイムスリップしたような

 

幽玄の世界へと誘ってくれます。

 

最近では動物愛護の観点から批判されることも多いようですが、

 

日本の四季を感じられるこのような行事は

 

大切にしていきたいとは思う今日この頃です。

 

では。

 

ページトップへ

SNSボタン