キービジュアル画像
ビルドの日々

高低差も測ります!

こんばんは、CADオペです。

今日は高低差を測るレベルの話です。

 

レベルの使用目的は、

①地盤面(地面)の高さの差を測ったり、

②基礎や床などの水平を出すのに使用します。

 

これがレベルです↓

 

レベルで高低差を測るときは上の写真の「レベル」だけではなく

レベルを乗せる三脚と

 

バカ棒

の3点セットです。

このバカ棒は3m程まで伸びます!

2mまで伸ばすとこんな感じです。

 

弊社社員がレベル設置中です。

 

設置完了です。

 

建物を建てる上で、高低差を出すのは重要になります。

水平を出さないと、高低差を測れません。

とても重要な作業です!

 

 

ページトップへ

SNSボタン