子供と愛猫を見守る住宅
さいたま市大宮区O様邸(注文住宅)
さいたま市某現場
さいたま市大宮区O様邸

さいたま市大宮区O様邸

家を持とうとしたきっかけや理由を教えて下さい。

長男が生まれたのをきっかけに、持ち家を持とうと考え始めました。
もともとペットで猫を2匹飼っていたのですが、長男の猫アレルギーが判明し、猫と長男の生活動線を分ける必要が出てきたので、具体的に検討を始めました。

イメージ

注文住宅にした理由を教えて下さい。

前の賃貸の時も一戸建てでした。子供を自由にのびのび育てたかったので、一戸建てしか考えませんでした。自分たちの生活に合った住まいにするには、やはり注文住宅だと思いました。

注文住宅に対して不安はありましたか?

契約前の噂では、最初から最後まで、窓口が営業さんだけという会社が結構多いと聞いていました。設計担当の方ともインテリアコーディネーターさんとも、実際に直接やり取りすることは基本無い、と。その場合、営業さんの当たり外れが大きく影響することになるので、それが怖かったです。ジーエム・ビルドさんは、契約前から設計の方もコーディネーターの方も打合せに出てきてくれたので、安心しました。

節句の折りや、子供の新調を記録するのに大活躍の和室

節句の折や、子供の身長を記録するのに大活躍の和室

リビングダイニング

リビングダイニング

この家を選んだ理由を教えて下さい。

前の住まいより少し駅に近くて、しかも行動範囲は変えたくない…そのため、この周辺に絞って物件を探していました。そんな折に、別の土地の広告を見て連絡したら、営業さんが「こっちの方が、もっと条件に合いそうですよ!」と紹介してくれたんです。旧家屋の解体前でしたが、立地も申し分なく、注文住宅の希望条件も叶いそうだったので決めました。

間取り決定のうえでこだわったことがあれば教えて下さい。

長男が猫アレルギーなので、両者の動線を交差させないことには気をつけました。両者とも自由に行動させてあげたかったので、間取りで工夫していただくようお願いしました。結果、主寝室から上がる小屋裏収納を、猫スペースとして用意してもらうことになりました。小屋裏収納続きのパラペットは、猫だけのくつろぎスペースになっています。

1Fに、小さくてもいいので小上がりのある和室がほしい、というのも最初からの希望でした。親が泊まりに来ても利用できますし、LDKと続いているので子供のお昼寝にも目が届いて安心です。友達を呼んだ時も、ソファに座るより気楽なのか、皆、小上がりにスッと腰かけてくれるんですよね。

片付けが元々とても苦手だったので、収納計画にはこだわりました。設計の方にお願いしたのは、使用する場所の近くに適量の収納を用意することです。その甲斐あって、この家に越してからは片付け上手になりました!

キッチン

キッチン

出隅を使ったスキマ収納

出隅を使ったスキマ収納

猫ちゃんの秘密基地、小屋裏収納

猫ちゃんの秘密基地、小屋裏収納

間取りや仕様において、当初の希望案で無かったものの、あって良かったと思えるものはありますか?

リビング収納の脇の空きスペースに、2段カウンターをつくってもらいました。ちょっとした引出収納としても、作業場としてもとても重宝です。一番使っているのは私かな。主人の専用スペースは2Fにありますが、私の専用スペースはすっかりここに定着しました(笑)。

2段カウンター

2段カウンター

出隅を使ったスキマ収納

出隅を使ったスキマ収納

ジーエム・ビルド社員の対応はいかがでしたか?

営業さんには、違う土地のことで問い合わせたにもかかわらず、条件を聞き出して提案して下さり感謝しています。希望をかなえるよう、こまめに動いて下さいました。ただ、連絡の不行き届きが一度あってひやっとしたことがありました。
そういう意味で、インテリアコーディネーターさんがいなければ、土地の契約も建築もなかったと言って過言ではありません。それくらい信頼していました。家の建築は初めてでとても不安でしたが、私達夫婦の目線で一緒に悩んで考えてくれて、とても嬉しかったです。こちらのどんな希望にも素敵な提案で返してくれるので、何でも安心してお願いできました。
現場監督さんは、質問や指摘をした時の対応がとてもスピーディで助かりました。年が近いこともあって、勝手に親近感を感じてしまい、ついあれこれお願いしてしまいました。

施工中はどんな気持ちでしたか?

建て始める迄は説明を受けたり打合せをしたりしていても収納や間取りなど、表面に現れるところばかり気がとられていたのですが、着工してからは構造のことをもっと注意深く確認しておけばよかったと思いました。でも、確認して一安心…合板を貼るまではそんな感じで少し不安でした。

新居でお気に入りの場所を教えて下さい。

全部です!友達が来たときは、頼まれてもいないのに家じゅう見せて回っています(笑)。特に和室は絶対見せたい空間。お願いしてつけてもらった柱に、早速息子たちの身長を刻んで楽しんでいます。キッチンも、やはり主婦のお城ですね。収納量も使い勝手も気に入っていますが、何よりソファもダイニングテーブルも和室もすべて様子が見渡せることが一番。テレビも見られるので話題も共有できます。

O様邸お子様

O様邸お子様

つながりをもたせた2つの子供部屋

つながりをもたせた2つの子供部屋

家を建てたことで、何か生活に変化はありましたか?

リビングが広々としているので、子供たちが元気にリビングで走り回るようになりました。各々のスペースも用意しましたが、みんな毎日リビングで過ごしています。高さのあるサッシをえらんだことで、一日中とても明るく風通しが良くて、本当に居心地良いですよ。

これから家を購入される方へのアドバイスを一言。

満足できる家を建てるには、とにかく、いっぱい悩んだ方がいいと思います。間取りも仕様もいっぱい悩んで、どんどんジーエム・ビルドさんに要望を伝えましょう。きっとすばらしい解決策を見つけてくれるはずです。

スムーズな動線の家

奥様の美しさを守る家

個性的階段の家

コンパクトな動線の家

皆があったまるための家

子供と愛猫を見守る家

家事ラクな家

北欧雑貨に合わせた住宅