ふさわしい土地を見つけて、永く住み続ける家

誰しもが、安心・そして快適な暮らしを求めています。
そして、安心・快適につながる要素は、建ててからでは見えない部分にたくさん詰まっているのです。
ジーエム・ビルドの構造関係をご紹介します。

地盤調査・解析

まずは足元から!

戸建住宅(木造2Fまで)では、地盤調査は義務づけられていません。
頑丈な建物であれば…この辺りはいい地盤だから…という考えは非常に危険です。
まずは足元からしっかり固めましょう。

調査の流れについて

間取りが決まったら、建物の配置に合わせて土地の強さをチェックします。

  • スウェーデン式サウンディング試験に加え、ハンドオーガーボーリングにより地表から5m下の土を採集し、土の種類や含水比などを含めて調査。
    従来のボーリング調査よりもリーズナブルかつ的確に地質の状態を確認します。

  • 解析した結果により改良工事の有無を判断し報告書としてお渡し致します。

  • 解析結果が軟弱な地盤の場合は、最善な工法で改良工事を行い安全な地盤として保証致します。地盤保証

基礎

しっかりとした建物の「足」として…

建物の足がしっかりしたものでなければ、安定した建物を築くことはできません。
基礎は建物を支える重要な部分です。

シーエム・ビルドの仕様

ジーエム・ビルドでは、ベタ基礎工法を採用しております。
ベタ基礎は、底板全体で建物の荷重を支え、かつ地面から上がる湿気やシロアリの侵入を防ぎます。
また土台下に基礎パッキンを設け、床下の換気も確保しております。

布基礎とベタ基礎の違い

<比較>

  • 布基礎

    建物の荷重がかかる部分のみに負担がかかるため、地震や風による強い力が加わった際、荷重が集中し力が分散しにくい・・・

  • ベタ基礎(採用工法)

    建物の荷重を面全体で支えるため地震や風による強い力が加わった際、荷重がかたよることなく力が分散し、全体でバランスを取りながら家を支えます!

  • ベタ基礎は地面から上がる湿気とシロアリの侵入もブロックします。
    また、地盤面(GL)より1mにかかる木部に関しては防腐・防蟻処理を施し、シロアリの侵入をダブルブロックします。

配筋検査

  • 配筋はコンクリートを打った後では全て隠れてしまう重要な部分です。
    鉄筋の組立に不具合がないか、図面と現場で相違がないかなど、第三者機関による厳正な検査を行います。
    指摘事項は、その場で是正対応を行っております。
    見えない部分こそ大事なのです。

  • すべての準備が整った後に、生コンクリートを打込み、
    基礎完了となります。

躯体

強固な骨組みに…

躯体とは、家全体を構成する構造材です。
そして、建物において、人命、財産を守る大切な要素です。

骨組み・躯体

ジーエム・ビルドでは、伝統的な在来軸組工法を採用しております。
また、柱・梁等の組み方を事前に打合せし、工場にて部材加工されるプレカット工法により、高精度かつ強固な構造体を造りあげます。

工法

在来軸組工法の場合、耐力壁は筋かいのみで補強することが、昔ながらの工法です。
ジーエム・ビルドでは、在来軸組工法をベースに、筋かいより強度や断熱材の充填など多くの点で優れている、耐力面材を外周部に囲い、
『筋かい+耐力面材』でさらに強度を高めます。
また、床組では在来軸組工法で一般的な根太工法ではなく、耐震上最も効果的な工法となる『剛床工法』とし、水平面を強化します。

  • 軸組工法+耐力面材

    横からの力にも上からの力にも威力を発揮!

  • 剛床なし

    床の剛性が低いと、地震などにより「ねじれ」や「ゆがみ」が生じやすいですが…

  • 剛床あり

    剛床は、地震により前後左右に揺さぶられた際の変形に対抗する「強靭性」をそなえています

  • 全ての建物について、軸組計算を行い、必要耐力壁の確認をするだけでなく、バランス等も考慮し、耐力壁を配置します。

金物

継手や仕口・接合部の補強、木材の脱落防止の為に用いられるものが金物です。
住戸1戸(30坪)につき約230個もの金物が設置され、地震や台風などによる構造体の引き抜き力にも対抗します。
また、当社だけでなく、第三者機関による金物緊結状況、釘、ビスのピッチ等を重点的に確認します。

制振

断熱

断熱材は外気の熱を家の中へ入れることを防ぎ快適な生活を送る上で、重要な要素です。

断熱

ジーエム・ビルドでは、省エネの最高等級「4」を満たした断熱施工をしております。
密度の高い高性能グラスウール充填を標準採用し、
「夏は涼しく、冬は暖かい」住まいを目指しています。

また、グラスウールは断熱性だけでなく、保温・保冷性をはじめ、吸音性にも優れた素材です。

高性能グラスウールは、通常のグラスウールより、繊維径が細くなることで、その本数は約4倍に、繊維間にある空気室の大きさは約4分の1になるため、高い断熱性能を発揮します。

また、さらに高気密・高断熱に優れた、ウレタンフォームもおすすめです。

吹付断熱

開口部

建物外周部で最も熱を伝えやすいのがサッシです。
当社では、Low-E複層ガラスを標準採用しています。
熱の侵入や流出を防ぐため、冷房効率がUPし、節電にも効果的です。
もちろん冬の暖房熱も逃がしません。

複層ガラス内部の金属膜により発揮するLow-E複層ガラスの遮熱効果は、実に一般複層ガラスの2倍です。
夏は強い日差しを60%もカット、加えて冬の結露対策としても効果的です。
また、サッシの中でも最も熱が伝わりやすいのがアルミで構成された部分です。

当社ではアルミ枠を薄く改良した商品や、樹脂と組み合わせて断熱性を上げた商品等を積極的に採用しています。

  • サーモスⅡ Sシリーズ アルミ枠をうすく改良シリーズ
  • シンフォニーシリーズ アルミと樹脂の複合シリーズ